『最後のダ・ヴィンチの真実』13万の絵が、なぜ510億に?

新井 文月2020年11月29日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後のダ・ヴィンチの真実 510億円の「傑作」に群がった欲望
作者:ベン・ルイス ,上杉 隼人
出版社:集英社インターナショナル
発売日:2020-10-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 アートの価値は誰がどのようにして決めるのだろうか。そして価値と値段は比例するのか。

限りなく正解に近い答えが本書にある。まず作品の価値は、コレクターが貴族など高い地位である場合や、高名な作家がどの経緯で描いたものかなど複雑な要因が絡まり決定する。もちろん偽物については論外だが、ビル・ゲイツが所持するレオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿などは、英貴族レスター伯爵、米石油王アーマンド・ハマー氏の手に渡り、最終的に1994年にビル・ゲイツ氏が3080万ドルで購入した(約28億4000万円 )。本物のダ・ヴィンチの作品ともなれば、値段は10億を超えてくる。


美術商のロバート・サイモンらはキリストの肖像画「サルバトール・ムンディ」を、当初わずか1175ドルで購入した。当時はダ・ヴィンチの贋作が世に出回っている状況下だった。本書は1500年頃に制作されたこの小さなキリスト画が、1649年のイングランド王チャールズ一世処刑後、20世紀にアメリカの美術愛好家の手に渡り、再び表舞台に登場するまでを追ったノンフィクションだ。

著者は美術評論家であり、ドキュメンタリーフィルムの制作者でもある。そのため調査はイギリス国内だけでなく世界中の国にまたがり、画商・修復家・コレクター等あらゆる関係者にインタビューを試みている。

サイモンと共に美術界の最下層にいた男、「サルバトール・ムンディ」を共同購入したアレックス・パリッシュも逸材だ。彼は絵を探しまくる生活をしていた。1日14時間、全米の競売会社からのデータベースをチェックし、ひたすら画像をクリックする日々であった。 「自分が把握できていない絵を1枚でもこの国に流通させてはならないと思いました」と、気概に満ちたコメントをしている。

サイモンとパリッシュは「サルバトール・ムンディ」 の価値を高めるため、調査から証拠集めに手段を選ばず動いていく。この情熱こそ、冒頭にあげた2つ目の問いに対する答えではないだろうか。

修復家のモデスティーニは「サルバトール・ムンディ」の修復に1年以上費やしたが、口元の作業をしている途中、ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」と共通項を見つける。2つの唇を見比べているとレオナルド以外、こんなふうに描く人はいないと気づく。その後、チャールズ1世がダ・ヴィンチのものと思われる絵画を一枚所有したという記録を見つける。これでレオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ」はチャールズ1世、チャールズ2世、ジェームズ2世が保有してたことが発覚し、作品の価値は世界最高水準にまで高まった。

驚くのは、こうした流れがミステリー風の構成だということだ。アートへの愛や野心など登場人物の強い感情が絡まりながらも、調査が進むうち「サルバトール・ムンディ」がレオナルド本人の作品だという確証に近づいていく。

そもそも本当にダ・ヴィンチの真作なのか。長年行方不明だったその名画はどこからきたのか。そして最終的に落札したのは誰か。謎に包まれ、世界が注目した『男性版モナ・リザ』を巡る一級品のドキュメンタリーだ。

※信濃毎日新聞 2020年11月7日号より加筆して掲載

 

=============

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上
作者:アイザックソン,ウォルター
出版社:文藝春秋
発売日:2019-03-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
レオナルド・ダ・ヴィンチ 下
作者:アイザックソン,ウォルター
出版社:文藝春秋
発売日:2019-03-29
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『レオナルド・ダ・ヴィンチ』のレビューはこちら

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

人気記事