『辺境の思想 日本と香港から考える』

版元の編集者の皆様2018年06月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辺境の思想 日本と香港から考える
作者:福嶋 亮大
出版社:文藝春秋
発売日:2018-06-01
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

「中国化」する日本と香港

中国返還から20年がすぎ、「中国化」(大陸化)がじんわり進む中で、かつてのイギリス植民地下で育まれた自由の気風が減じている香港。しかし2014年の民主化デモ・雨傘運動以降、足もとでは新たな変化も起きています。一方、2011年の東日本大震災を経てオリンピックを控える東京には、どこか表層的な雰囲気が漂い、政治と社会の底ぬけが感じられるのではないでしょうか。

そうはいってもしかし、トランプ大統領の誕生以後、「中心」が抜け落ちてしまった世界で、今後必要とされるのは「中心」からは程遠く、想像力たくましく生きてきた「辺境」の知恵ではないか? 虎視眈々と「中心」の動きを見ながら、斜め上をゆく新たな変革の芽を育てていたのは、いつの時代も辺境だったのではないか? さらには、世界的な行き詰まりを突破する方途は、複数の「辺境」の知恵をつなぎ合わせてまだ見ぬ星座を形作ることにあるのではないか?

中国とアメリカという大国のはざまにありながらも、もはや「このようにありたい」「こうあるべき」という確固たるモデルを失い、どこかディストピア的、そして虚無的な領域に足を踏み入れつつある日本と香港。2つの「辺境」の足もとから、時空を超えて次なる辺境へ想像力のバトンをつないでゆこうとする1年にわたる往復書簡は、トランプ大統領誕生以後の世界の変化を、足もとから真摯に見つめた記録です。

「辺境」の想像力を過去に探り、未来に接続する

著者は、中国文学が専門ながら、東洋と西洋の思想を自由自在に越境する博覧強記の文芸評論家・福嶋亮大さんと、日本語に堪能でサブカルからアカデミックなシーンまで日本文化を心から愛する香港人社会学者・チョウイクマンさん。

雨傘運動を機に頻繁にやりとりを交わすようになった雑種的知性の持ち主ふたりは、情と理、それぞれタイプは異なりながらも、時空を超えてその対話を深めてゆきます。国民国家の枠組みにはもとからなかった自由都市香港は、中国の脅威がますなか、どんな変化にさらされているのか。

チョウさんの時に詩情あふれる現場報告は香港からマンチェスター、ボストン、再び香港へと移動を重ねますが、異国の地にあっても「辺境・辺縁」への視点に絶えず縁どられ、刻々と変化する香港情勢が文のなかに色濃くにじみます。

対する福嶋さんは、東京から日本の辺境たる東北、さらには九州へ、はたまた中東や東欧にもその想像力をとばし、時空を超えた「辺境」に思いをはせながら、立体的な応答を重ねます。 

垂直ではなく水平方向の兄弟的つながり

大局的に見ればネガティブな時代の転機に思われるかもしれませんが、過去を発掘することでいかようにでもヒントを見出すことができる、という心強い思想にも貫かれた本書は、いってみれば日本と香港という合わせ鏡のような存在から出発して、まだ見ぬ地図を描きだそうとする探究的試みなのです。

さらには、国民国家の枠組みがゆらぎ、自由と民主が不確かに思われるいま、求めるべきは垂直方向にある「父」的なモデルではなく、都市と都市をつなぐ水平方向の兄弟的なモデルにある、という見立てが、この往復書簡のひとつの核となるでしょう。都市と都市、都市のエートスを丁寧につなぎ直そうとする試みは、都市に身体性を発見して、その文脈を浮き上がらせようとする創造だといってもいいかもしれません。

鳥の目虫の目的な往還によって、問い不在の現在を問うてゆく二人が見つめるのは、内田樹さんのベストセラー『日本辺境論』に抜け落ちた視座を補ってアップデートしようとする野心的試みともいえそうですし、何よりも、心と文化をめぐる熱き対話です。混迷を深める世界を切り開く雑種的想像力に富んだ未来への書を、ぜひひも解いてみてください。

鳥嶋 七実 
編集者。2006年文藝春秋入社。週刊文春編集部、文學界編集部、文春新書編集部を経て文藝局第一文藝部。担当した本に、千葉雅也『勉強の哲学』『メイキング・オブ・勉強の哲学』、井上智洋『人工知能と経済の未来』、かこさとし『未来のだるまちゃんへ』津田一郎『心はすべて数学である』、羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』、村田沙耶香『コンビニ人間』ほか。
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事