今週のいただきもの:2019年4月21日週

仲尾 夏樹2019年04月27日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末、あまりに天気がいいのでピクニックをしたくなり、いなり寿司を作りました。いなり寿司は、稲荷神の使いである狐の好物だとよく知られていますね。でも、狐が豆腐を揚げたものである油揚げを好むのはちょっと変な感じがしませんか?たしかに色はよく似ていますが、加工が必要なものを好むなんて。実は、狐の好物は鼠を油で揚げたものでした。ある時、稲荷神のお供えには鼠の代わりに豆腐の油揚げを使うようになり、狐の好物=油揚げとなったようです。

それでは、簡単ないなり寿司の作り方をご紹介しましょう。まず、油揚げを2~3分茹で、油抜きをします。ざるにあげ、水気を絞ったら、鍋に高さが均一になるように並べて煮ます。味付けには、醤油、砂糖、好みでだし汁を使いましょう。鍋を中火にかけ、沸いたら落し蓋をして弱火にし、10~12分ほど煮ます。中に詰める酢飯は、すし酢を使ってもいいですが、米酢、砂糖、塩でも作れます。詰める前に、先に酢飯を丸めておき、油揚げの煮汁を手に少しずつつけながら作業するといいでしょう。酢飯に胡麻を入れたり、五目にするのもおいしいですよ。

左の中身が五目、右が胡麻です。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら