『実験思考 世の中、すべては実験 』本の値段を読者に委ねてみたら…

内藤 順2019年05月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)
作者:光本 勇介
出版社:幻冬舎
発売日:2019-05-09
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

実に面白い。本の中身の前に、まず本を売る仕組みについてだ。

本書は、価格が読者に委ねられた一冊である。紙の本を購入する場合は印刷原価に相当する390円、電子版については0円を支払う。その後、価格設定をいくらにするかを読者自身が決め、特設サイトから支払うという仕組みなのだ。

『実験思考』特設サイト

ちなみに発売から3日経った段階での支払総額は43,569,400円。支払った人の数が685人というから、1人あたりの金額が63,604円(5月12日8時現在)。通常、この手のビジネス書の定価は1500円程度だろうから、多くの読者が大口の支払いをしているということになる。

つまり本書は「本の価格を自由に読者に委ねてみたら、定価で売った場合より儲かるのか?」という実験を行っている一冊なのだ。

本に限らず多くのコンテンツは、価格を先に払うということが基本だ。それはある意味リスクが支払う側にあるということだが、コンテンツに親しんでいればいるほど、この事実を見落としがちだ。つまり習慣化するということは、思考停止するということでもあるのだ。だからこそ、これを逆転させるだけでイノベーションが生まれる。

また通常は、出版に伴うソーシャルメディアや動画の配信をプロモーション目的で無償にし、本体価格で対価を回収するところであろうが、この点においても逆である。タダ同然の本書を読んだあとに特設サイトへ行くと、インスタグラムのアカウントフォローや対談動画の視聴に対してお金を支払うような設定になっているのだ。

それにしても、なぜこのような実験をやろうと思ったのか? それは本書の中身を読めばよく分かる。この施策をただの思いつきでやっているわけではなく、著者のこれまでの半生や日頃考えていることとリンクしているからこそ、プロモーションとして素晴らしいと思える。

著者は2017年に「CASH」というアプリを作り、大きな話題をさらった光本勇介氏。CASHは 簡単にいえば「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ(現金)に変わる」サービスである。

服でも、靴でも、バッグでも、そのアプリで写真を撮れば、その瞬間に金額が表示され、その額が口座に振り込まれるという触れ込みであった。あまりの反響にサービス開始後わずか16時間で停止に追い込まれたほどである。

はたから見れば、このサービスはお金をばらまいているようにしか見えなかったかもしれない。しかし、これこそが著者の狙いであったのである。

たとえばマンションの屋上から現金1億円を地上にばら撒いたときに、いったい何人がそれを自分の財布に入れるのか、いったい何人が屋上にいる自分のところまでお金を届けに来てくれるのか、その景色を自分の目で見てみたかっただけなのだという。

背景にあるのは、著者が性善説をビジネス的な観点から支持しているという事実だ。いま、ほとんどのビジネスが「すべての人を疑う」という前提で成り立っている。その最たるものがパスワードだろう。これは悪い人5人を排除するために、良い人95人に無駄な入力をさせていることにほかならない。しかし「すべての人を信じる」前提でも成り立つと証明できたら、これからのビジネスがすべて一変する可能性があるのだ。

それにしても本書のこの仕組み、罪作りなくらい読者ファーストである。本体価格が下がっているということは流通や書店の取り分も少なくなるだろうし、この記事からkindle本を購入してもアフィリエイト収入は発生しない。もちろん重版がかかっても、印刷会社以外に喜ぶ関係者はいない。

それでも、本書からは出版という枠組みを明らかにはみ出した熱量が伝わってくる。こういった出来事が、単なる一冊の本のプロモーションに留まらず、世の中の仕組み自体をアップデートしていくことだろう。さて、いくらのお支払いにしようかな。

松本人志松風’95
作者:松本 人志
出版社:朝日出版社
発売日:1996-06
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
死ぬこと以外かすり傷
作者:箕輪 厚介
出版社:マガジンハウス
発売日:2018-08-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

田淵 貴大2019.5.13 14:16

「本の価格を自由に読者に委ねてみたら、」とありますが、ここで売っている物は全く「本」ではありません。アイデアをもらったり、講演してもらう、一緒にカジノに行く対価です。もちろん本も価格の一部として含まれるでしょうが、本の内容は0円(Kindleの場合)で渡しているわけです。ですから、ここで得られたお金は本によるものではなく、何らかの方法で集客できる有名な人の価値です。この人が面白い試みをしていることは間違いないと思いますが、残念ながら本の価値ではないと考えます。

稲葉 景2019.5.12 15:30

箕輪さんがTwitterで本書の表紙の画像をツイートした時は、「なんのネタだ?」と思いました。あれから1ヶ月も経たないうちに、新たな常識が生まれる波動を放つことになろうとは、、、。今後の出版業界の動きが楽しみですね。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら