『百田尚樹の新・相対性理論』

新井 文月2021年04月07日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
百田尚樹の新・相対性理論: 人生を変える時間論
作者:百田 尚樹
出版社:新潮社
発売日:2021-01-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

時間について、再考させられる本だ。

著者は放送作家であり、『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などを手がける小説家でもある。タイトルに相対性理論とあるように、本書では新たな時間の概念について考察している。

その特徴は、「時間」を全ての基準に置き、社会を「時間の売買」で成り立っていると捉える点だ。人は赤ちゃんとして生まれた瞬間から時間を与えられ、時間を失った瞬間に死に至る。つまり自らが持つ時間こそが、生そのものだと説いている。

たとえばサラリーマンは自分の時間を会社や経営者に売っているともいえる。労働条件には何時~何時と規定され、その間は自分の時間をささげていく。ただこの切り売りする感覚だと人生が虚しくなる可能性もある。

そうした懸念に対して、著者は「仕事がどのように社会の役に立っているか」により、価値観は変わるとも述べる。あらゆる些細な仕事でも、この世の中のために貢献していると実感するだけで、仕事に対する満足度が変わってくる。ちなみに一番過酷な強制労働というのは、何時間もかけて地面に穴を掘り、またその穴を埋め戻す作業だそうだ。

充実した時間が少なければ寿命は短く、充実した時間が長ければ寿命は長く感じる。すなわち物理的な時間は同じでも、心理的に満足すれば長生きしたと感じるのが人の感覚だと説く。

いっぽう人類は効率重視で文明を発達させてきた。ただ効率が悪い行動をするのも人間である。それは「趣味」や「遊び」であり、古代人も生きるためには何の役にたたない装飾品などに実に多くの時間を費やしてきた。実際、文明の発達により仕事時間は短縮され、多くの時間を娯楽に回してきた。1960年に日本人の1年の平均労働時間は2426時間だったのに、2018年では1680時間と少なくなっているデータがある。

本書で一貫しているのは、時間に操られることなく、時間を超越しようという提言だ。もしかしたら時間というのは本当に主観的かもしれない。

 

kindle版はこちら

百田尚樹の新・相対性理論―人生を変える時間論―
作者:百田尚樹
出版社:新潮社
発売日:2021-01-27
  • Amazon Kindle

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

人気記事