これから出る本 2020年5月

古幡 瑞穂2020年05月17日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの拡大防止のため、都心部や大型ショッピングモールを中心に書店の休業が続きました。しかし、開店中の店舗では本を求める人の行列も。専門的な本を求める人も多くなり、前年を大きく超える売上を記録する店舗もあちらこちらに…。先が見えない中、6月の書店にはどんな本が並ぶのでしょうか。

まずはノンフィクションの予約ランキングから。2020年5月15日時点の予約受注実績から6月以降に発売になるタイトルを抽出し予約ランキングを作成しました。(日販調べ:タイトル・発売日等今後変更になる可能性があります)

ブレイディみかこさんの『ワイルドサイドをほっつき歩け』がランクをあげて1位に!

ワイルドサイドをほっつき歩け: ハマータウンのおっさんたち
作者:ブレイディみかこ
出版社:筑摩書房
発売日:2020-06-03
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』は今もテレビなどでの露出が続いており勢いは止まっていません。もう一度ブレイディブームが来そうです。

経済、社会、医学などのジャンルについては、コロナ以前・以後で大きく変化が出てきそうです。コロナ後がテーマになる本の発行計画も順次増えてきているようです。

出版社 銘柄名 著訳者名 発売予定
年月日
筑摩書房 『ワイルドサイドをほっつき歩け』 ブレイディ みかこ 20200603
小学館 『働き方5.0』 落合 陽一 20200603
平凡社 『「共に生きる」ための経済学』 浜 矩子 20200625
小学館 『勝ちたければ歴史に学べ』 野村 克也 20200605
講談社 『フィボナッチの数学』 中村 滋 20201015
PHP研究所 『こうすれば、バズります。(仮)』 原田 曜平 20200620
建築資料研究社 『積算ポケット手帳 設備編2020-21』 フロントロー 20200604
SBクリエイティブ 『新聞の大罪』 ヘンリー・S・ストークス 20200608
SBクリエイティブ 『嫌われるジャーナリスト』 望月 衣塑子 20200708
文藝春秋 『薬物依存症』 清原 和博 20200615

予約リストから注目作品を紹介していきます。これからどんどん予約が増えますように!

『カラスは飼えるか』でも話題の松原始さんの最新刊は、人の動物に対する思い込みを覆していくものでした。タイトルに出てくる4種の動物は、どれも確かに人が抱きがちなイメージ。ベランダに来るカラスは、何か悪いことを企んでいるように見えてしまうこの決めつけや誤解を解いてくれるのか、やっぱりイメージのままなのか。動物のありのままの姿が見えてきそうです。
 

イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 上: 血塗られた諜報三機関
作者:ロネン・バーグマン
出版社:早川書房
発売日:2020-06-04
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

諜報三機関というのはモサド、シン・ ベト、アマンの3つを指す言葉です。モサドという名前は比較的耳にする機会が多い(といってもアメリカのテレビドラマなどの中ですが)ものの、それぞれの機関が何を目指しどういう働きをしているのかはよくわかりません。これらの諜報機関が国家を守るためにどういう活動をしているのか、どんな暗殺作戦を行ってきたのかが、イスラエルの新聞記者による取材によって明かされます。上下巻という大ボリュームで登場!

諜報機関ものではもう一つ6月の注目本が予定されています。それが『KGBの男-冷戦史上最大の二重スパイ』

KGBの男-冷戦史上最大の二重スパイ (単行本)
作者:ベン・マッキンタイアー
出版社:中央公論新社
発売日:2020-06-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

ソ連KGBの将校だったオレーク・ゴルジエフスキーはイギリスMI6の二重スパイとなり、その活躍により冷戦構造は大きく変化することになりました。その諜報活動と人生を克明に語った注目本。英国では2018年に発売されベストセラーとなっています。本人はまだ存命ということですが、85年にソ連の軍事法廷で死刑宣告を下されており、身分を隠してひっそりと暮らしているそうです。
 

悪党・ヤクザ・ナショナリスト 近代日本の暴力政治 (朝日選書)
作者:エイコ・マルコ・シナワ
出版社:朝日新聞出版
発売日:2020-06-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

この本に登場してくる人物一覧が「田代栄助、国定忠治…」とはじまっています。どちらも侠客ですが、そういった人々がこの「悪党・ヤクザ・ナショナリスト」という言葉にくくられているところから興味がわきました。国定忠治なんて、大衆演劇のヒーローかと思っていましたが、アメリカ人の歴史学者からは違った見方が出来るようです。暴力と密接に結びついた民主主義はどうやって形を変えてきたのか。気になる1冊です。
 

虫とゴリラ
作者:養老 孟司 ,山極 寿一
出版社:毎日新聞出版
発売日:2020-06-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

ゴリラ研究で有名な京大の山極学長と虫好きで有名な養老孟司さんという知性二人によるビッグ対談。コンピューターに支配された人間を生物界のもつ力で救う事は出来るのか?

コロナ禍の中でこれからの人間の行く末を考えるヒントになりそうです。

*

本来であれば、この時期は五輪開催に向け、スポーツ関係の本が多く出版されていたはずです。コロナウイルスは、書店店頭に並ぶ本や雑誌も大きく変化させました。コロナウイルスによって変わった世界を前に書き直されている本もあるでしょう。変わること、変わらないこと。これからどんな本が発行されていくのかしっかり見ていきたいと思います。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら