これから出る本 2022年1月

2021年12月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月に入り、読書界も今年の総括や今年のベストが発表され続けています。16日には芥川賞・直木賞候補作品も発表され盛り上がりを見せ始めました。ノンフィクションジャンルでは『嫌われた監督』などが好調に動いています。年末年始はゆっくり本を読むのに最適な時期です。これから、どんな本が発売されてくるのでしょう。これから出る注目ノンフィクションを紹介していきます。

2021年12月18日時点の予約受注実績からこの先発売になるタイトルを抽出しノンフィクションの予約ランキングを作成しました。(日販調べ:タイトル・発売日等今後変更になる可能性があります)

予約作品上位には1月から始まるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に関連し、北条家関連の本がいくつか入ってきています。原作小説がない作品の場合は関連作品や、番組ムックなどがよく売れますがされ今回はどうなるでしょうか。

気になるのが『アマゾンの最強の働き方』です。ちょうど、12月上旬にはジェフ・ベゾスが自ら筆をとった『Invent & Wander』が発売されたばかりで、大きな話題になっています。

Invent & Wander──ジェフ・ベゾス Collected Writings

作者:ジェフ・ベゾス
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2021-12-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

創業者、創業間近なところから会社を支えた幹部それぞれの目線でのアマゾンをあわせて読み解くことで今後のAmazonの姿も見えてくるかもしれません。

アマゾンの最強の働き方──Working Backwards

作者:コリン・ブライアー ,ビル・カー
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2022-01-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

出版社 商品名 著訳者名 発売予定年月日
NHK出版 『日本人の宿題』 半藤 一利 20220111
筑摩書房 『人類5000年史4』 出口 治明 20220107
牧野出版(京都) 『冤罪と闘う』 藤井 浩人 20211228
明日香出版社 『社長の覚悟』 曽根 康正 20220120
新潮社 『秘闘』 岡田 晴恵 20211222
河出書房新社 『鎌倉殿と13人の合議制』 本郷 和人 20220127
河出書房新社 『シティポップとは何か』 柴崎 祐二 20220301
彩図社 『ホームレス収容所で暮らしてみた』 川上 武志 20211228
小学館 『史伝北条義時』 山本 みなみ 20211223
ダイヤモンド社 『アマゾンの最強の働き方』 コリン・ブライアー 20220127

これから出る本リストから注目作品を紹介していきます。

mRNAワクチンの衝撃: コロナ制圧と医療の未来

作者:ジョー・ミラー ,エズレム・テュレジ ,ウール・シャヒン
出版社:早川書房
発売日:2021-12-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

コロナとの戦いを考える上で、読まないわけにはいかない1冊が早くも邦訳されます。これはファイザーワクチンを驚異的なスピードで開発したドイツ・ビオンテック社の創業者を追ったノンフィクション。mRNA医薬の分野で最先端を走っているこの企業はどのように産まれ、どうやってこの大きなプロジェクトを完成させたのか。まさにコロナ禍、そして今年を代表するに相応しいノンフィクションかもしれません。
 

AI監獄ウイグル

作者:ジェフリー・ケイン
出版社:新潮社
発売日:2022-01-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

AI技術を使って中国全土に監視網を張る。まるでSF小説のような話が事実になりつつあるのだと言います。そして新疆ウイグル自治区はその実験場となっている、と。この現状を世界に向けて訴えた原著『The Perfect Police State』は今年6月に発売され大きな衝撃を巻き起こしました。早くも邦訳が登場します。
 

物流の世界史 グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったのか?

作者:マルク・レヴィンソン
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2021-12-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

著者はあの名著『コンテナ物語』の作者です。世界中の物流が混乱し、コンテナ不足が叫ばれる今こそ読むべき世界の物流史。モノの時代からアイデアやサービスの時代に移り変わってきた動きの中で、コロナ禍が新しい変化要素を与えました。今後世界のモノの動きはどうなるのか興味深いテーマです。
 

死刑囚「最期の声」

作者:一橋 文哉
出版社:小学館
発売日:2021-12-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

多くの事件取材を手がけてきた一橋文哉が挑んだのは、死刑囚の処刑直前の姿とそこで出てきた声。和歌山毒カレー事件やオウム真理教事件、秋葉原無差別殺傷事件、相模原障害者施設連続殺傷事件、埼玉愛犬家連続殺人事件、木嶋佳苗死刑囚による婚活連続殺人事件などの死刑囚の姿や生活を追った衝撃のノンフィクション作品です。
 

Anthro Vision(アンソロ・ビジョン) 人類学的思考で視るビジネスと世界

作者:ジリアン・テット
出版社:日本経済新聞出版
発売日:2022-01-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『サイロ・エフェクト』で組織が陥るサイロの罠について警鐘を鳴らしたジリアン・テットが挑んだのは、“なぜ経済学やビッグデータ分析は問題解決に失敗するのか?”というテーマ。これまで、世の中を知るために使われてきたツール、例えば経済予測や世論調査などが外れてばかり、という状態に陥るのは視野が狭いからだ、と彼女は言います。変化の激しい時代には視野の狭さは命取りになる、ではどうしたらいいのか。正しく社会を見る技術について論じます。

コロナ禍期間中、世界の主要なブックフェアが中止になるなど出版業界、とくに翻訳出版界は大きな影響を受けました。一方で、世界的に話題になった作品が半年から1年で邦訳されるといった事例も多くなっている気がします。今も物流混乱が続いていますが、今後世界がどうなっていくのか、そういうことも読み解けそうな本が揃いました。良い読書時間をお過ごしください。

決定版-HONZが選んだノンフィクション (単行本)
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
発売日:2021-07-07
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『決定版-HONZが選んだノンフィクション』発売されました!

アーカイブ
2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031